食文化と共に歩む有限会社和喜多(わきた)

食文化を通じて『安全と安心』を提供します。

TEL.043-421-5599

〒264-0021 千葉市若葉区若松町768-13

豚 取扱い 地豚、一般豚

豚 取扱い 地豚、一般豚

千葉県産房総もち豚、千葉県産いも豚、鹿児島産アベル黒豚、群馬県産せせらぎポーク、十勝モール豚、スペイン産イベリコ豚、ハンガリー産ペダスク黒豚、その他国産、輸入ポーク(冷凍、チルド)も各種取り扱っております。

40

1.ネック

脂肪分が多く焼肉に適してます。「トントロ」と呼ばれる部位。

2.かた

きめが粗く、硬め。脂肪分が多少あるため、角切りにして煮込むとよい味が出る。シチューやポークビーンズにどうぞ。

3.肩ロース

きめはやや粗く硬めでコクのある濃厚な味です。カレーや焼豚、生姜焼きなどに。スジを切ってから調理を。

4.ロース

きめが細かく、適度な脂肪でヒレと並ぶ最上部位。外側の脂に旨味がある。トンカツ、豚しゃぶなどに。またロースハムの原料。

5.ヒレ

きめの細かい柔らかな部位。脂肪分が少なくビタミンB1が豊富。トンカツ、ソテーなど油を使う料理に最適。

6.ばら

赤身と脂肪が層になり、骨付きのものはスペアリブと呼ばれる。濃厚な味なので、カレーやトンポーローなど煮込み料理に。

7.もも

脂肪が少なく、きめ細かい。ヒレに次ぎビタミンB1が多い。ソテーや焼豚などに。ボンレスハムの原料。

8.そともも

牛肉の「ランプ」、「そともも」の部位にあたり、きめが粗いので薄切りにして炒め物や煮込み用に。

豚の副生物

46space

1.ハツ(心臓)

筋繊維が細かく緻密で、歯ざわりが独特。脂肪が少なく味は淡白。タウリン、ビタミンB1、B2、鉄分が豊富。十分血抜きをしてから調理する。焼肉や串焼きに。

2.レバー(肝臓)

ビタミンA、B2、B6、B12、鉄分が豊富。牛乳で血抜きをすると臭みがとれる。酒、生姜、ニンニクなどで下味を。

3.マメ(腎臓)

脂肪が少なく、低エネルギー。表面の皮を除き、半分に切り白いスジ(尿管)を取ると臭みも気にならず、香味野菜などと、さっとゆで水にさらし、炒め物、煮込み、和え物に。

4.ガツ(胃)

臭みが少なく、食べやすい部位。ゆでたもの以外の、生のものは塩をふってよくもみ、香味野菜を加えた湯でゆでる。もつ焼きや酢の物、煮込み料理に。

5.ヒモ(小腸)

臭みが少なく、食べやすい部位。ゆでたもの以外の、生のものは塩をふってよくもみ、香味野菜を加えた湯でゆでる。もつ焼きや酢の物、煮込み料理に。

6.ダイチョウ

ヒモ同様に、脂肪が多く付着しており、ぶつ切りにし、ゆでて市販されている。にんじん、ねぎ、こんにゃく等とみそ味に煮るとおいしく、酢の物マリネにも。

7.タン(舌)

食肉より、ビタミンA、B2、鉄分、タウリンが多く含まれている。薄切りにしてバター焼き、網焼き、唐揚げに。ブロックのものはシチューなど煮込みに。

8.トンソク(足)

コラーゲンを豊富に含む。長時間煮込んでゼラチン化する。ゆでた状態で販売されるが、熱湯であく抜きし、和え物や煮物に。

9.コブクロ(子宮)

柔らかく淡白な味で、脂肪は非常に少ない。網焼きや和え物に。醤油やみそで煮込んでもよい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です